お客様の味覚に幸せを、貝の旨みを届けます。

kai_mise_outlook_01 開店のご挨拶

数千年前、初めて貝を口にした私達の祖先は、 その旨さのとりこになり、貝塚ができました。 以来、貝はなくてはならないものです。 この貝を「もっともっと美味しく召し上がっていただきたい!」 の一念で店を創りました。 今も昔も変わらず賑う食処、東京は築地。 店に入ると、和モダンの落ち着いた雰囲気。 まずは、氷の上の本日のお薦め貝をお選び下さい。

10月4日より、「真牡蠣」入荷いたします! ※産地、価格はその日の仕入れによって変わります。)kai_magaki_01

 

kai_shells_onice_03

 

懐石料理の厳しい修業を積んだ料理人が、 和からフレンチ風まで、工夫をこらし、「最高に美味しく」の心意気に燃えて、 思い切り腕を振るいます。 全国各地の銘酒を味わいながら、 貝の旨みを再発見していただければ、 これほど嬉しいことはありません。 お昼の目玉には、江戸名物「深川飯」をご用意しました。 たっぷりのアサリの旨みをご賞味ください。

ご来店を、従業員一同、心よりお待ち申し上げます。  店主敬白